読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人には名前がある

好きなことについて書きます。

話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選

アニメ

一昨年からTwitter上で見かけ面白そうだと思い、自分が見た作品の整理にもなるので参加している企画です。
Twitterでは長くなりすぎたこと、後から見返すこともあるだろうという気持ちもあってブログにすることにしました。

「話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

 ルール
 ・2015年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
 ・1作品につき上限1話。
 ・順位は付けない。

順番は関西放送順です。

脚本:浦畑達彦 演出:平牧大輔 絵コンテ:篠原俊哉
作画監督:川面恒介、竹田欣弘、佐藤陽子、宮川智恵子、朱絃沰、川村夏生

f:id:gomyopeer:20160106055019j:plain

何十年も夢から醒めない人なんているだろうか。
そんな夢物語を信じさせてくれるからこそのフィクションだと思うのです。
どんなフィルムでも作った人達の願いが込められている。その想いは何年経過しても色あせないものです。
どれだけ酷評されていても最初からつまらないものを作ろうとしている人なんて居ないんじゃないか。
1クール毎に入れ替わり立ち替わりする作品をあくせく見ている自分へも強く突き刺さりました。 

自分がやってきたことを信じきれなくなっていた宮森もかつて見たアニメ、記憶の残照によって
改めて心を揺り動かされます。
そして新しいモノを作ろうと彼女は再びアクセルを踏みはじめるのです。
人にはドラマがあって、がむしゃらに生きた証が道になり、魅せられた人が新しい山に挑もうとする。
夢の連鎖が人の輪になって繋がっていく。アニメが時間を接続して作られる工程とも通じる理があります。
SHIROBAKOから1話選ぶのであればこれですね。 

脚本:橋口いくよ 演出:矢花馨 絵コンテ:井出安軌 
作画監督:Yoo seung hee、小川浩司、飯泉俊臣、水野隆宏

f:id:gomyopeer:20160106055458j:plain

少ハリはアイドルアニメなのですがアイドルとは?をずっと問い続け
ジョーカーをきりつづけるような内容で…
面白いけれど見ていて毎回心がズタズタにされ疲れるのが難点でした。 

突然センターという重要な役割を任されることになったカケル君が
本人の意志や気持ちとは関係なく”少年ハリウッドのセンター”というレッテルを貼られ戸惑っていく。
社長が語りかける言葉通り、アイドルとはこの世に人の姿で現れた現人神そのものであり
全ての欲望を任された生け贄でもあると。
そういった偶像感がファンとの関係性をとてもよく表しており
女性声優の追っかけをやっているような自分からすると強いシンパシーを感じずにはいられなかった。
暴力的な自責思考がアイドルの一挙手一投足すべてに意味性を付与してしまう。
かくも罪深いものであるかと頭を抱えるお話。
そして、ファンがアイドルの心情を察することが出来ないのと同様に
いつだって葛藤を抱えてハードルを越えていくしかないカケル君の姿に心打たれました。
他には第16話「本物の握手」も大好きです。 

脚本:倉田英之 演出:谷口悟朗、渡邉徹明 絵コンテ:谷口悟朗 
総作画監督千羽由利子中田栄治

f:id:gomyopeer:20160106055543j:plain

中世フランスの百年戦争の時代を舞台にした谷口悟朗監督の作品。
久々に監督業をされるということで期待半分、不安半分でしたが何のことはなく。
人と魔女と神が苛酷な時代をどう生きぬいてきたかを真摯に丁寧に真正面から扱い描いています。

社会は多様であるべきではなく、元々多様的で、一つ生きている場所や時をまたいでしまえば色々な考え方がある。
キリスト教というシステムを軸に実に分かりやすく表現しており、
作中の言葉を借りれば「小気味良く」締めた最終回でした。

大切なのは多様性を受け入れる寛容性ではなく棲み分けることなのは
恨まれもし羨まれもし感謝もされるマリアを見るとよく分かります。
それでも関わってしまえば自分からは切り離せない存在となって共に影響しあう隣人になってしまう。
そうやって生を全うしてきた過去があるからこそ今に紡がれ繋がっている。
「時々でいいから思い出して欲しい」というケルヌンノスの台詞が印象深い。
また、塩にされてしまったベルナールの思想ですら現代に生きているというのが良いですね。

脚本:山口宏 演出:稲垣隆行 絵コンテ:宮崎なぎさ 
作画監督:安達祐輔、武本大介、Han Jung Y、Seo Jung Duk

f:id:gomyopeer:20160106060208j:plain

おもしろさとは何だろう?
人それぞれに感じ方があって、大勢の人に楽しさを感じてもらう方法とはなんだろうと考えさせられた作品から1つ。
冬の四大ラノベアニメの1つとしてとりわけ話題になった当作品ですが、独自のエンターテイメント性を遺憾なく発揮していたなと思います。
視聴者に驚きを与え続け、飽きない作品として低予算ながらも出来ることを真摯に見つめ提供し続けてくれました。
聖剣使いの禁呪詠唱はコメディ要素もあって、作画も決して良いとは言えませんがとにかく真剣だったことがとても好きなのです。
真剣さがないと笑いに転化することは不可能であっただろうし
ルーティーンとなった決め台詞も最終回においてここまで盛り上がる要素にならなかったでしょう。
誰もがエンシェントドラゴンを諸葉が倒すことは分かっている。
大事なのはその過程で、ファンが1番望んでいる「思い…出した…!」という台詞をサツキと静乃が
最初に言うという発展性、そして、
劇伴・挿入歌をこれでもかといわんばかりの王道の演出でかけ
期待に応えてくれました。

ファンムービーとして最高だったことは言うまでもありませんが、アニメオリジナルの展開において
作品がもった魅力を全て引き出した屈指の回だったと思います。
本当にありがとうディオメディア

脚本:佐伯昭志 演出:春藤佳奈 絵コンテ:佐伯昭志、春藤佳奈 作画監督:橋口隼人

f:id:gomyopeer:20160106060315j:plain

すばるとあおいの関係性の象徴として
宮沢賢治の「星めぐりの歌」が使われた回として印象に残っています。
ただ、そうした知識を知らずとも、作品自体は楽しめ理解できる様に作られており
アニメーションを楽しむ可能性がふんだんに詰め込まれているぞと放送当時何度も見なおした話数です。
お互いの周囲を回転する2つのエンジンのかけらを捕らえるために
すれ違ってきたあおいとすばるが息を合わせるシーン。
そこで突然「星めぐりの歌」が出てきます。
それまで伏線はほとんどないのですが
「昔、よくこの歌を2人は歌ったんだな」と分かった時には
もう2つのエンジンのかけらが1つになって捕らえられている。
いくら違う道を歩んで今は少し心が離れてしまっていても、過去に体験した共通の思い出は確かにあったこととして存在している。
何かの拍子に思い出してしまえばドライブシャフトが描く軌跡の様に2人の距離を一気にゼロにしてしまう。
すばるとあおいの台詞のテンポも劇的変化を遂げリズミカルに。
劇伴のかかるタイミングも秀逸でシナジー効果が素晴らしい。
映像の美しさや派手さも当然あるのですが、それ以上に目的と心情が合致する”流れ”の牽引力が凄くて
プレアデスに惹かれるキッカケになったお話です。

  • えとたま 第陸(6)話「虎計三笑(こけいさんしょう)」

脚本:赤尾でこ 演出:安藤良 絵コンテ:追崎史敏 
CGコンテ:新井陽平 作画監督:渋谷秀

f:id:gomyopeer:20160106060409j:plain

2015年で1番、心を鷲掴みにされた作品。
アニメーションは時間の積み重ねである。
そして時間を気にする必要がない物語こそ時間を越境できる要素である。
1クール作品で言ってしまえば干支分の”お当番回”をこなす必要があったえとたまですが
お話を語る過程が少なくても未来の可能性を想起させ信じることで時間を積み重ねることはできると証明してくれました。
何の思い出が無くても今感じている隣人愛のようなものを熱く語るにゃ~たんに
タケルだけでなく私も感化され、最後までこの作品を応援しようと決めた話でした。
また、えとたまを見ていてよく感じることに、視聴者≒タケルというメタ構造を取っているシーンがあります。
この6話も例外ではなく、にゃ~たん(3DCG)をソルラルテレビ越しに見守るタケル(2DCG)が強調されていて
人種という次元を越えられないことがよく伝わってくるのですが、
えとたまを見ている視聴者とも構図が被って多重的な場面になっています。
にゃ~たんの訴えはタケルだけでなくスクリーンを通した我々も巻き込んだ形で行われているというのが実に面白い。
あともう1つ見どころとして白組制作の3DCGによるバトルシーンがあります。
モーションの強弱やカメラワーク、ド派手なエフェクトによる気持ちよさもそうですが
表情付けが豊かであったこと、にゃ~たんの気持ちを代弁するかのような重みが伝わってきて良かった。
3DCGって重さを表現するのはとても難しいのですよ。
にゃ~たんが真剣に語る気持ちとシンクロしてかなりグッときました。
「登場人物の誰かが3話で死ぬ」というメタ的要素をコメディタッチに描き
後々シリアスに~と、変幻自在に組み込む起点となった3話や
3DCGで動かさなくても十分魅せられることが分かった将棋回、
全てが収束して新しい始まりを描いた12話と
えとたまから選ぶのはえらく難儀しましたが、1つだけ選ぶなら6話ということで。

脚本:花田十輝 演出:藤田春香 絵コンテ:藤田春香 作画監督:秋竹斉一

f:id:gomyopeer:20160106060515j:plain

何となく練習や試練を乗り越え、何となく皆が仲良くなって、何となくコンクールを突破していく。
そんな風にユーフォニアムを決めつけていた私の予想をことごとく裏切ってくれるキッカケになった8話。
特別になりたいという意識が久美子に芽生えた回であり
発端となった麗奈の描写がとにかく美しい。
線画部分に色をつけることで静寂の夜においてもインパクトあるショットになっており
ただの部活であるのに、久美子と麗奈にとっては自らの存在全てをかけても良い特別と化している。
色恋沙汰を他所に置くように大吉山の上でセッションする様子は2人きりの世界そのもの。
眼下に灯る街の光によって浮き彫りになる彼女たちから伝わってくる空気にあてられ
心地よい高揚感に包まれました。
シリーズ通して言えることですが、久美子を演じた黒沢ともよさんの演技プランが良かった。
心の底にくえないものを抱いている今時の女子高生感がナチュラルに発揮されており
とんでもない闇を感じられます。
ともよ様恐い。

脚本:大野敏哉 演出:今井友紀子 絵コンテ:今井友紀子 
作画監督近藤圭一、栗原優、野々下いおり

f:id:gomyopeer:20160106060604j:plain

原作のS&Mシリーズは読んだ上でよくやってくれましたと見終わった後に拍手せざるを得ませんでした。
密室事件の謎を物理的に密室であるが、発想はどこまでも自分が許す限り自由であるVR空間で解き明かす回。
会話劇が主体になる作品なので演出が肝になるし、人物を動かすことは難しい、画的に魅せるのも…と
10話に来るまで思わせておいてガラッと訪れる変化が見事。
最後に挟まれる真賀田四季の殺人シーンも秀逸。
真賀田四季犀川先生、萌絵の3人が同じ空間に存在する。
しかし視えている世界がそれぞれ違うという。
海底の深淵に落ちていく真賀田四季と浮力に逆らいきれない犀川先生の対比が素晴らしい。
秀才と非凡を主点に置くことで天才である真賀田四季を描いており
今回の謎解きはあくまで犀川先生の視点で語られている。
どうして殺したかという理由は、どういう過程であったかという真相は分からない。
でも分からなくていい。
その理由は死ぬまで思考し続けることで生きることに繋がるのだから。
謎解きよりも「自由とは何か?」「人はどこから来てどこへいくのか?」という哲学的要素へ強烈に惹かれるかどうかで
好き嫌いが真っ二つに分かれそうだなと思いはするものの
私は犀川先生が好きなのですよ。とても。
その思考を視覚的に見せてくれただけでアニメにした意味があると思える回でした。

脚本:佐藤裕 演出:佐竹秀幸 絵コンテ:げそいくお 
作画監督:國松有史、西道拓哉、武田牧子

f:id:gomyopeer:20160106060700j:plain

後半のハッカドールは4号がオチで死ぬなどのセルフパロや
現実世界で使われた台詞を持ってくるメタ構造、ウルトラスーパーアニメタイムで同時放送されている作品の枠を飛び越え
混沌としつつも1つのエンタメ作品に仕上がっていてとても楽しかったです。
テンポ、泥臭さ、真剣さと雑さのバランスがとても良かったと思います。
1番の選出理由としては声優ファン心理をよく理解されているなと思ったからです。
声優ファンの竹内君の回想が全て自分本位である、
ゆっぴー(CV青山吉能もニヤリとするところ)の歌う「Doesn't Know Anything」が
ファンは声優の心理をうかがい知ることが出来ない、
それでも応援してくれてありがとうという意味が込められていたり、
最後に引退を決めたゆっぴーに認知されて死んで逝く竹内君は声優ファンとして最高の死を迎えていますし。
そして、とにかく何もしていないのに4号が死にまくるのがズルい。
今まで散々オチに使われてきたのに意味もなく殺されてしまう軽さ。
少しは竹内君を見習えよと。

脚本:ヤスカワショウゴ 演出:徳本善信、大沼心 絵コンテ:澤井幸次 
総作画監督:小松原聖、よち、野田康行

f:id:gomyopeer:20160106060749j:plain
4話、10話と悩みつつやっぱりこれ!
段取りが上手かった。
言うまでもなくラストの対雷切戦までのドラマの作り方である。
どん底の淵まで落とされてしまう一輝が復活し対戦相手の刀華が真っ向勝負という条件を全て飲んでくれるという
とても都合の良い物語ですが、そんなことは些末事だと気にならない段階まで
気持ちよくテンションを上げてくれました。説明も過不足ありませんでしたしね。
そして何が気持ち良かったって、戦う理由を丁寧に組んだ上で舞台にあがれば
「はいさようなら」ですよ。
勝負はたったの一撃で、一瞬で決まってしまうという無慈悲さ。
このシンプルさこそが醍醐味で、そこで活かされることと言えば
戦う理由でも、周りからの期待や賞賛、惚れた女との約束でもなく
ただ骨身に染み渡った己自身の信念(エゴ)という暴力性。
信じられるのは。最後に頼れるのは。武に捧げた身だけ。
どう生きて、どうやって死ぬか。
そういったアイデンティティを色として表現すること、
大胆にも白黒と赤のみにしてしまう思い切りの良さも
OPで1話から布石を打っておいたからこそ成せる業。
切り捨ててこそ何かを得ることができるという無骨な物語は
英雄譚と呼ぶにふさわしい最高のクライマックスでした。

  • まとめ

話数単位で考えるとチョイスが難しい年だったかなと思います。
それだけバランスよく狙った構成になっている作品が多かったのかもしれません。
去年は長期に渡って放映されているアニメをほとんど見ることが出来なかったので
今年は多少新作アニメを減らしても追いつきたいな。
旧作アイドルアニメもフォローしていきたいのですが。
それでは、まだ見ぬ素敵な出会いに胸を高まらせつつ
今年もよろしくお願いします。