読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人には名前がある

好きなことについて書きます。

2016/7/17 (日) ハンドレッド Blu-ray/DVD 1巻 リリース記念イベント アニメイト大阪回

イベント 大久保瑠美

2016/7/17 (日) 13時から行われた

「『ハンドレッドBlu-ray/DVD 1巻 リリース記念イベント」
のレポートです。

メモとおぼえている範囲なので前後、間違いはあるかもしれませんがあしからず。

 

場所:アニメイト大阪日本橋5Fイベントホール
開始:13:00
内容:オーディオコメンタリー付上映会&プレゼント抽選
出演者:
大久保瑠美さん(エミール・クロスフォード役)
大坪由佳さん(レイティア・サンテミリオン役)


■OPトークパート

瑠美さん「ハンドレッドから来ました―?、エミール・クロスフォード役の大久保瑠美です」

大坪さん「ハンドレッドから来ました!レイティア・サンテミリオン役の大坪由佳です」

瑠美さん「始まる前に1個言わなきゃいけないことがあって

     ちょっとだけ風邪気味でですね、私がそっと後ろに下がったら

     『鼻かみに行ったんだな』って思って(笑)」

    「皆さんに音聞いてほしくないんです!だから私が鼻かみ始めたら

     いくよゆかちん…じゃ今から鼻かむね」

大坪さん「(BGMでかかっているBLOODREDに合わせて)♪フォンセンソンサンソンソソン!!センソンサンソン力ときはな~」

瑠美さん「オッケー!(笑)という感じにするのでそっと耳を閉じてください」

 

司会「大阪ということで新幹線で来られたと思いますがどうですか?」

瑠美さん「ゆかちんと2人きりということで、皆さんがハンドレッドをお買い上げいただいたおかげでこうしてゆかちんと2人で!」
    「あ、つい本音が出ちゃいました」

瑠美さん「新幹線の旅は…非常にうるさかったですね(笑)

     前と後ろの席の人がうんざりしてたからね」

大坪さん「ずっとイチャイチャいちゃいちゃしてたから」
瑠美さん「凄い盛り上がった話題があって、皆さん金の斧、銀の斧のお話知ってますか?」

大坪さん「どっちの斧を落としたかって聞かれる」

瑠美さん「それで私が―、私ねぇゆか?」

大坪さん「何?」

瑠美さん「私、両極端な人間なの」

大坪さん「知ってる知ってる」

瑠美さん「好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、中間がないの」

    「凄く極端な善の瑠美と悪の瑠美が居ます。あなたが落としたのはどっちの瑠美?」

大坪さん「普通の瑠美!」

瑠美さん「正直なあなたには両方あげましょう」

瑠美さん・大坪さん「わ~い」(抱き合う)

瑠美さん「というのを新幹線の中で1時間くらいやってた(笑)」

大坪さん「絶対このコントやろうねって言ってた」

瑠美さん「つめてきました」

 

司会「今回Blu-ray&DVDをお買い上げいただいた方が来られていますがランダムでキャストさんのサインが当たる企画をやってまして」

瑠美さん「ありがとうございます。あ、もう誰かね鞄に手つっこんでる人いる」

大坪さん「当てたなあいつ」

~順番に誰のサインを当てたか挙手していく流れに~

瑠美さん「全員いるんだね~凄いね。我々もがんばって書いて―、余裕組がいたんですが(笑)」

大坪さん「サイン書き慣れすぎている(笑)え?100枚でいいんですかー?みたいな」

瑠美さん「お願いされてもいないのにトーク回しもやってた」

大坪さん「さすがっす(笑)」

 

司会「そんなハンドレッドサインの旅なんですが、本日はその映像にお二人のコメンタリーをつけていただきまして裏話などを聞いていきたいなと思います」

(本編ではなくまさかのサインの旅映像へのコメンタリーということで会場爆笑)

瑠美さん「私達がもらった台本にコメンタリーのネタっていうのがあって」

司会「言っちゃいます?(笑)」

瑠美さん「こういうこと話してくださいねというところで1行目に『長谷川さん声が大きい』って書いてある(笑)」

大坪さん「ほんとに声が大きい(笑)」

瑠美さん「第一声目じゃなくて少しずつ声が大きくなっていくんだよね」

大坪さん「波がある、どんどん上がっていく」

瑠美さん「(ハッセ声真似)皆さん…、ぉおはようございます!!」

大坪さん「(ハッセ声真似)ハンドレッドォ!ってやつ(笑)

瑠美さん「見ていく中で今の物真似が似てるって証明したいですね(笑)」

 

~着席して用意されたペットボトル(お花の飾り付き)を見て~

瑠美さん「見てコレ~めっちゃかわいい!青が私だよねキャラカラ的に」

大坪さん「私の鳥ついてる~」

大坪さん「あの、次からは2人で飲めるやつにしよう!」

瑠美さん「今度からストロー1つにしよう!」

 

■上映会開始

瑠美さん「(ハッセ)眉間にシワが寄り過ぎ」

    「ゆか~ゆか~!ゆかを映して!」

大坪さん「瑠美を映して!」

瑠美さん「ハッセ長くない?(笑)」

    「台本丸暗記してきたんだよねハッセ」

大坪さん「おはよー!瑠美ー!瑠美ー!」

瑠美さん「ゆか、本物はこっち~」

大坪さん「ごめんごめん」

大坪さん「まゆしぃ、今日の服はいいよねって」

瑠美さん「ファッションチェックされてたね」

    「あ、ゆっか!由佳!ゆーか!

    (裏声)ゆ”ーーーーーーーーか”ーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

大坪さん「タダのファンかな?(笑)」

瑠美さん「ちょっと厄介な人だよ(笑)」

 

瑠美さん「長谷川さんオシャレだよね服が。でも胸元開きすぎだよ!」

大坪さん「イタリアンスタイル」

瑠美さん「胸毛凄かったらもう見えてるよ!私見ないようにしてるもん」

 

(工場到着)

大坪さん「皆モフモフついてて、キャラカラーのモフモフ取ってた」

瑠美さん「率先して(ハッセ)ピンク取ってた。何故かピンクが似合うと思ってる」

    「ゆかちんオレンジね」

大坪さん「うん!」

瑠美さん「あ”~かわいい~似合うよ」

 

大坪さん「小林さん~」

瑠美さん「この人めっちゃコメントできる人だった。すごい慣れてるよね」

大坪さん「ちなみに小林さんとは二度目ました、でした」

 

(工場入って)

大坪さん「なんか美味しいパン作りそうだよね」

    「瑠美顔ちっちゃい~」

瑠美さん「やだ~ゆかの方がかわいいよ~ゆかカーディガン似合う~」

大坪さん「そんなことないよ~」

瑠美さん「でもこうして見るとゆかの髪の毛が無い状態で顔だけじっくり見る機会ない」

大坪さん「やだ~恥ずかしい~」

瑠美さん「だから長谷川さん映りすぎじゃない?」

大坪さん「瑠美(ハッセに)何聞いてるの(笑)」

瑠美さん「長谷川さんの全身脱毛、聞いといてなんだけど毛ほども興味がない(笑)」

 

(いざサイン会場へ)

大坪さん「前の方にあったプロジェクターにハンドレッドのキャラ紹介とかスライドで映してくれていて嬉しかった」

    「このBGM好き」

瑠美さん「私も好き」

    「ゆかがYoutubeで想定してのピースだから今の」

大坪さん「さすが瑠美!」

瑠美さん「座ってると皆の膝が見えて嬉しい」

大坪さん「性格出るよね。まゆしぃの座り方とか乙女だね」

 

大坪さん「円盤の色がいいよね、私水色好き」

瑠美さん「エミールの色なんだよね」

大坪さん「だからかな?」

瑠美さん「瑠美もね、オレンジ好きなの」

大坪さん「私のキャラカラーってことかな?」

瑠美さん「そうかもね」

    「画面に集中しよう(笑)」

 

瑠美さん「私サイン書きながらめっちゃ喋ってたけど使われなかった」

大坪さん「あ~そうだね、書きながら色々話してた」

 

(かやたんが喋っている時)

大坪さん「うんうん」

瑠美さん「かやたん指かわいいよね」

大坪さん「この後!この後!この後かわいい!」

(かやたん台詞「全国の兄さんに届きますように!」)

瑠美さん・大坪さん「おぉ~!」

(瑠美さんに「お兄ちゃんどうよ?」と聞かれ、言葉に詰まるハッセ)

(瑠美さん・大坪さん・会場 爆笑)

大坪さん「こうやって皆で見るの楽しいね(笑)」

 

(大坪さんのシーンになって前のめりになってひたすら頷く瑠美さん)

瑠美さん「今回付いてきてもらったね」

大坪さん「そう私100問100答やってないんだよね、お供係としてね」

    「今までお供をやっていて本当に良かった」

瑠美さん「たまに逆転して私がなることもある」

 

(ハッセの〆シーン)

瑠美さん「ゆかちんずっとかわいい顔してる」

大坪さん「瑠美もかわいいよ」

    「うちら身長いい感じに凸凹してるよね」

瑠美さん「まゆしぃもちょっと高いもんね」

 

(瑠美さんのハンディカメラに切り替わる)

(エグザイルシーン)

大坪さん「引きで見ると凄いよね(笑)」

瑠美さん「私脚開きすぎ。このシーンめっちゃ恥ずかしい(笑)」

 

大坪さん「かやたんが『これ食べたい~』って言ったら、『うん、出そう』ってなるよね」

瑠美さん「なる!私のポケットマネーで出してあげたい」

大坪さん「って言ってハッセがね」

瑠美さん「そう長谷川さんがね買ったということになっていますが、そういう企画ですからね」

大坪さん「そういう体で」

 

大坪さん「(ハッセ)羽多野さん大好きすぎる!」

瑠美さん「羽多野さんのこと好きだよね~」

大坪さん「このロケでここしか使われてないけどずっと羽多野さんのこと話してたね」

 

(食レポはじまってガラスに映るロッテリアを見て)

大坪さん「…ロッテリアが光ってる」

(会場笑)

瑠美さん「主張が激しすぎるロッテリア(笑)」

 

(ハッセ食レポ中)

瑠美さん「なんで1人でディープキスしてるの、何言うとんねん(笑)」

 

(瑠美さん食レポ中)

瑠美さん「私小指ずっと立ってるんだよなー」

(大坪さんがハッセに対して「今瑠美って言いました?」のシーン)

(会場笑)

瑠美さん「ここすっごい面白い(笑)」

 

(大坪さん食レポ中)

大坪さん「私の横のポールがペット用になってる」

瑠美さん「ほんとだ!」

大坪さん「愛犬って書いてる(笑)」

 

大坪さん「たこ焼き結構上位だねって後で言われた」

瑠美さん「自分の中で全部合わせてだと上だよ(笑)」

 

(映像終わり)

大坪さん「9月にイベントあるからね」

瑠美さん「そうですね」

大坪さん「埼玉県三郷市文化会館

瑠美さん「埼玉県ですよ、都会ですよ!」

大坪さん「ちょっと遠いかな~~~」

瑠美さん「都会だっつってるだろ!!」

 

■トークパート

瑠美さん「家で1人で見てるとどこが面白いのか分からないから皆と見れて楽しかった」

大坪さん「1日がかりのロケだったからうまく編集してもらった」

瑠美さん「まさか15分まで縮まるとは思わなかった(笑)」

 

瑠美さん「今回のサインの旅ですごく感じたのは、このチームで動いていると遠足みたいで楽しかったなと」

    「このチーム、私にすごく従順な人しかいないの(笑)」

    「ゆかちんは…こうでしょ」

大坪さん「うん!」

瑠美さん「かやたん、まゆしぃは後輩ちゃんだからね」

    「なんでも『はい先輩!』って言ってくれるから変なことできないなって(笑)」

    「長谷川さんも基本的に(笑)」

大坪さん「長谷川さんと瑠美ちゃんが居ると姉女房みたいに見える」

瑠美さん「GAフェスで初めてのイベントで長谷川さんがイベントどうしたらいいか分からないって相談してきて」

    「こうしたらいいよとアドバイスしてたら『大久保さん!ここどうしたらいいですか?』って

     最終的に何でも了承を得ようとしてきた(笑)」

 

瑠美さん「自分がメインヒロインとして参加している作品で主人公の方が男の人で年齢としては上だけど初主演

     あれだけガチガチなのを見ると皆で作るものですし、良い作品だったなって思って欲しくて

     世話を焼けるところはね焼きたい。邪魔なときはいりませんって言ってくれれば」

大坪さん「そんなことはありません!」

瑠美さん「熱弁ありがとう(笑)」

大坪さん「皆がお互い気を使いあって良いバランスでできたんじゃないかなって思いました」

 

瑠美さん「宣伝はゆかちん来たり来なかったりしてたね」

大坪さん「そうそうそう」

瑠美さん「M・A・Oちゃんとよくやることが多かったけどゆかちんの話すると『ぐぬぬ』ってなっててかわいいんだよね」

大坪さん「横で見てて長谷川さんにしても、瑠美をとられる!って思ってた」

瑠美さん「大丈夫だよ!」

大坪さん「でもいいんだよ。子犬ポジションでがんばるから!」

瑠美さん「でもねゆか。たまに別の人にいったとしてもそれはゆかが1番良いと思い直すプロセスなんだよ!」

    「何か浮気してるおっさんみたいになってきた(笑)」

大坪さん「おっさんはいらない(笑)」

 

司会「アフレコは大分前に終わったということですが、演じる上で気をつけたことはありましたら教えてください」

瑠美さん「エミールは一応男の子ということにしているので、たくましいイメージで」

    「ただしハヤトと接している時は完全に女の子になってという感じで微妙な使い分けが難しかったですね」

大坪さん「意外とレイティア、フリッツは普通の学生感を出さないといけないキャラ達で

     選ばれた人達が居る中で良い意味で普通の女子高生で、努力している感じを出すのが大変でしたね」

    「レイティア、フリッツはアドリブも多かったので

     2人の出番の後に薄くなっている台詞なんかはアドリブだったりします」

瑠美さん「羽多野さんと息すごいピッタリだったね」

大坪さん「あんまり打ち合わせしなかったかも」

 

大坪さん「羽多野さんがお父さん役で子供が2人居てその子役誰やりますかー?って聞かれて」

瑠美さん・大坪さん「はい!はい!はい!はい!」

瑠美さん「凄かったね(笑)」

    「私達、大坪由佳大久保瑠美被害者の会っていうのがあって」

    「主に弊社の原紗友里さんという人が被害者なんですが

     その会員番号2番に羽多野さんのお名前が刻まれています」

瑠美さん「きっと喜んでいると思うんだけどなあ(笑)」

大坪さん「ほんとに羽多野さんが上の先輩で優しく接してくれると現場の雰囲気も良くて

     凄くやりやすくなっていてハンドレッドにも反映されてたら良いなと思います」

 

司会「こういったキャラを演じてみたかった、演じてみたいなどありましたら」

瑠美さん「1番最初にやりたかったのはレイティアでした」

大坪さん「そうだったね、レイティアってルビ振ってたもんね」

瑠美さん「オーディションやって受かってゆかちんも出るって聞いて

     うちにゆかちん連れて来てオーディション用紙見せたら」

    「レイティア・サンテミリオンって長いじゃないですか。

     それで私カタカナに平仮名のルビ振ることがあるんですけど

     ゆかちんがそれを見て『きったね!』って(笑)」

    「私には読めるからいいの!」

 

大坪さん「やりたいキャラは―、メイメイとか凄い好き。後はリディも好き」

瑠美さん「私も好き。エミールが本当に男の子だったらリディと付き合うと思う」

    「むこうがしっかりした身長高い褐色美人で、女の子っぽい男の子の組み合わせが

     ええやんか!って2人で萌え萌えしてます」

 

■プレゼント抽選会

プレゼントは

・D-selectionsのポスター

ハンドレッドのポスター

・サイン入り1話台本

・サイン色紙3種

・サイン入りチェキ2枚

でした。

 

■EDトークパート

大坪さん「9月のイベントでは生でEYES ON MEの衣装が見たい!」

瑠美さん「イッテクレタラバプライベートデキルヨォ」

大坪さん「サクラがハヤトに詰め寄る時みたいな言い方(笑)」

 

瑠美さん「ハンドレッドすっごい楽しい現場だったんですよ」

    「だからそういう現場から楽しい作品がお届けできていると信じて

     こうやって集まっていただけるととても嬉しいです」

 

(おっぱいスタンディの話になって)

瑠美さん「すごいもみしだいたんだアレ」

    「ちょっとスタッフさんが頭が―っていう!」

大坪さん「違う。アレは健全」

瑠美さん「ほんとに!?」

大坪さん「皆が思うやつ」

瑠美さん「作ったって聞いた時に最初に―」

大坪さん「天才でしょ!お尻バージョンもヨロ!ってやつ」

瑠美さん「こういうユーザーさんもいるからぁ!(笑)」

 

■あとがき

普段はよく絡むお二人ですが、ハンドレッドでは見られる機会があまりありませんでした。

個人的にそこが新鮮で良いなという感想もありましたが

ハッセや羽多野さん、M・A・Oさんなど第三者を通してのイチャイチャ(被害)を見聞きできたのは

いつもと違った感じでとても楽しかったです。

そもそも瑠美さんが男性声優と絡む姿を見る機会が少ないんですよ。

 

瑠美さんが少し風邪気味だったのは心配ですが、そうとも感じさせずイベントをしっかりこなしていたことと

先輩として現場を回していたことを直接聞けたのは良かったです。

しっかりNEXT STAGEへ進んでますよ!

 

ハンドレッドのイベントとしては9月に大きいイベントがあります。

昼夜当選したので楽しみにしています。

OP/EDのリリイベには行けていないのでEYES ON MEの衣装を是非とも直接見たいですね…!